女性に関する補助金・助成金

¥ガール
編集長
新型コロナの影響のため
女性の活躍をPRしていこうーHENGirLは様々な女性を応援するため女性の記事を掲載しています。関係者と相談し、現在のコロナ騒ぎの中では記事をアップした時の印象が想定と異なる場合が考えらえるという意見で一致しました。よって、少しの間、女性紹介をお休みし、女性全体に関連する内容を私達なりに調べてみて提供させていただきます。 早くみんなが元気になりますように

アベノミクスに掲げられる『成長戦略』の中で『女性が輝く日本』と題して女性の社会進出の重要性が挙げられています。 国や自治体は女性が社会に出やすいような施策として何をやっているのでしょうか?

女性と関係のある補助金・助成金のご紹介をしますね。【記事=しおり】

そもそも”補助金・助成金”って何??

補助金助成金は国や地方公共団体が返さなくてもいいお金を支給してくれるものです。まあ、誰でももらえるわけではなく公益性(広く社会一般の利益になること)が求められます。元はみんなの税金なので、使うからには事業を成功(成長)させてみんなに還元してねってことです。

補助金……額が大きいものも多数あり、審査を通過しないともらえない。補助金の種類がたくさんあるのでやろうとしていることの方向性が合っていたらチャレンジ!

助成金……資格や条件を満たすともらえる。使用できる幅が広いので人気。額は低めな分応募のハードルも低め。

補助金も助成金も後から支給されるものなので、先にお金をもらうことはができない点は注意してください!!より詳しい内容はこちらより

“店舗を持ちたい女性”にオススメの助成金

店舗を持ちたい」と少しでも思ったらまずは調べてみて!

こちらは東京都で行っている助成金です。やりたいことをどんどん応援してもらえるのはいいですね!他県でもやってほし〜〜
2020年申請エントリーは4月と9月の2回です。

東京都中小企業振興会事業案内チラシ より

〜条件を抜粋〜
◯『女性』又は『2021年3月31日時点で39歳以下の男性』であること
◯申請時点で『実店舗を持っていない』こと
◯都内商店街に出店すること

※申請前に店舗を持ってしまうと助成してもらえなくなるので、「店舗を持ちたい」と少しでも思ったらまずは調べてみることをオススメします☆

■参考
東京都中小企業振興公社より>>若手・女性リーダー応援プログラム助成事業~都内商店街の活性化につながる店舗開業助成~

■募集要項>>令和2年度 募集要項・申請書記入例

                  

“女性の活躍しやすい環境を作る”ことでもらえる助成金

自社の状況を見直すチャンスとして活用

両立支援等助成金 女性活躍加速化コース 支給申請の手引き より

自社の女性労働者の活躍状況の把握を行い、その活躍向上に向けての課題を分析した上で目標を設定し、達成することによって得られる助成金です。

もちろん目標設定は具体的な数値で表す必要がありますし、数値の目標を達成するための行動目標の設定や、社内外の周知も必要です。ちゃんと周知されていないと達成したかもわかりませんし、社員の方の意識も変わりませんからね!

また、躍と言っても漠然としていてわかりにくいかと思いますが、具体的には「女性労働者は多いけど管理職の割合が低いから管理職の割合を40%に増やそう」とか「女性にも扱いやすい機械を導入して専門職の女性労働者の数を2人増やそう」とか「多様なキャリアを用意して事務職から別のキャリアへ転換しやすいようにして3人は配置転換できるようにしよう」などと言ったことです。

女性云々にかかわらず、性別関係なく働ける環境を整備することで事業の透明化にも繋がりますし、それはひいては業績向上、労働力の確保に繋がります。自社の状況を見直すチャンスとして活用してみるのもいいですね。

さて、女性活躍加速化コースはさらに加速化Aコース、加速化Nコースの二つのコースに分かれています。

加速化Aコース……数値目標達成のための取組目標を最低二つ以上達成

         [38万円の支給]

加速化Nコース……取組目標を達成して3年以内に数値目標も達成

         [28.5万円の支給(目標達成により加算あり)]

加速化Aコースを達成したらそのままNコースを申請することで継続的な取組が行えます。そのため、AコースとNコースは続きのセットだと考えていいでしょう。もし、「Aコース申請しないで数値目標達成しちゃったよ」という場合はNコースだけ申請することも可能ですのでぜひ申請してみてください。ただしどちらも達成してから2ヶ月以内に申請しなければいけないので注意です‼︎

2020年度版のパンフレットがまだできていないようなのでこまめにチェックしておくことをオススメします。

■参考
厚生労働省
>>子ども・子育て 事業主の方への給付金のご案内
>>支給申請の手引き(令和元年度版)

■募集要項>>両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)

“女性のための環境を整備する”ともらえる助成金(東京都限定)

女性の働く場確保を目的に!

さすが知事が女性なだけありますね。
こちらの助成金は、もともと女性社員が少ない企業が新たな人材として女性を雇いたい、と思った時に環境を整える活動を後押ししてくれる助成金です。

平成31年度「女性の活躍推進コース」募集要項(申請の手引き) より

◯女性用トイレの設置
◯女性用更衣室の設置
◯子連れ出勤への対応設備など……

2020年度の募集はまだのようですが、もっと女性社員を増やしたいからこんな助成金使いませんか?と社長に言ってみるのもいいですね♪何にせよ助成金はいつまでもあるものではないので、思い立ったが吉日でやってみることをオススメします。

■参考
東京しごと財団 雇用環境整備課>>平成31年度 テレワーク活用・働く女性応援助成金 
東京都TOKYOはたらくネット>>働く女性の活躍支援

男性側も整えてこその女性の活躍

申請期限に注意!

出生時両立支援コース(子育てパパ支援助成金)というものがあります。
男性の育児休業の取得を後押しする取り組みを行った場合に加算される助成金です。

例えば、男性社員が育休を取りやすいように管理職の研修を行ったり、子供が生まれた男性社員に育休の取得を勧めたり、育児休業の利用促進のための周知活動なども含まれます。

厚生労働省 出生時両立支援コース より

また、注意したいのは申請期限です!!
ザックリ説明しますと、育児休業開始日から2ヶ月ちょっとの間しか申請期間がないので、のんびりしていると「申請できなくなっちゃった!!」なんてことも。早めはやめに準備していくのが吉ですね。
育児休業だけでなく出産前後の休暇支援もあるのでぜひチェックしてみてください。

■参考
厚生労働省
>>子ども・子育て 事業主の方への給付金のご案内
>>2019年 出生時両立支援コース パンフレット

タイムリーな助成金

仕事をお休みしないといけないお母さんに

このコロナウイルス騒ぎの中、日本でも学校の休校や習い事のお休みなどが相次いでいますね。小さいお子さんだけを家に残しておくのが心配……。そうなると仕事をお休みしなくてはいけなくなるのはどうしてもお母さんの方が多いです。

厚生労働省 小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金を創設します より

この助成金では、有給休暇を取りやすくすることで労働者の給与減額の負担も減らせます。そして、事業主としてはその有給分のお給料を国が肩代わりしてくれるわけです。

申請期限が2020年の6月30日までですが、面倒にならないうちに準備してしまうといいですね。大事な人材・職場を手放さない手だてとしてどんどん活用しましょう。

■参考
厚生労働省>> 小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金を創設します

見習い
日本の男女格差は世界で121位
女性活躍推進法(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)が2015年8月28日に国会で成立しました。 この法律は女性が職業生活で希望に応じて、十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するために制定されました。今までは結婚や子供が生まれるなどの環境の変化でキャリアアップへの道が閉ざされるか、逆に仕事のために結婚する選択肢が閉ざされるなどと言った社会の情勢がありましたが、それを無くしていこうということです。 2015年にニューヨークで開催された『国連持続可能な開発サミット』の中でも女性の権利向上が掲げられており、世界的な流れとして女性の活躍や地位向上が訴えられています。 WEF ( 世界経済フォーラム )による『グローバル・ジェンダー・ギャップ指数※』(2019年版)では日本は参加153カ国中121位という低順位でした。(120位アラブ首長国連邦、122位クウェート) 世界的に女性の活躍は期待されていますし、そのためにも国や自治体の支援は欠かせないわけですね。 ※世界男女格差/ 記事=しおり